労災保険!一問一答

休業補償給付の申請手続き、特別加入、料率など労災保険の疑問すべて解決!

業務災害

出張中、宿泊先ホテルの風呂場で転んでけがをした!

投稿日:

 

Q 私の主人は、一泊二日で出張に行った際、宿泊先のホテルの大浴場内で、で体を洗ったあと風呂に入ろうと浴室内を歩いていたときに、多少のお酒が入っていたこともあって、すべって転んで足を骨折してしまいました。労災保険を使おうと思いましたが、会社の担当者に、私的行為中のため労災には該当しないでしょうと言われてしまいました。出張中の災害なのだから、労災から支給されてもいいと思うのですが。

 

A 会社の命令に基づく出張中であり、それに伴う日常行為中の災害と思われますし、「積極的な私的行為」には該当しないと思いますので、業務上災害として認められる可能性が高いと思います。

 

一泊二日の出張は会社の業務命令ですから、当然のように「仕事」に該当しますが、昼間の業務を終えて宿泊先のホテルに行き、食事をしたりお風呂に入ったりしている間のけが、いわゆる私的行為中の災害が、はたして業務上の災害と認められるのでしょうか。

 

出張中の日常行為中の災害は労災と認められる

結論から先に言いますと、出張に伴う日常行為中の災害であれば、積極的な私的行為でない限り、業務上の災害と認められる可能性が高いです。

というのも、一般的に出張の場合は自宅や会社を出発して出張の用務地に行き、用務を終えて自宅や会社に戻るまでが「仕事」であり、その出張業務全般について事業主が責任を負っていると考えられることから、その出張過程のすべてにおいて事業主の指揮管理下にあるといえます。

したがって、「食事をする」「お風呂に入る」「トイレに行く」などの私的行為中に起こった災害であっても、出張に通常伴う行為として「業務遂行性(仕事をしていたことによってけがをした)」が認められることになります。

ただ、「多少のお酒が入っていた」とのことですが、これも食事に伴いお酒を飲むことも普通に行われる行為ですから、この程度のいわゆる「晩酌」程度のことであれば出張に通常伴う行為の中に含まれると考えます。これは、事業主の指揮管理下にあるとはいえ、出張中の行動は個人の判断に委ねられている部分が大きいですから、そういった出張という性質上、ある程度は私的行為が介在することを許容しているという部分が大きいのではないかと思われます。

 

ただし積極的な私的行為があった場合は別

最初にもいいましたが、「積極的な私的行為」があった場合は話は別です。

積極的な私的行為とは、たとえばお酒で言いますと、通常の晩酌程度ではなく、度を超えて深酒をしてしまい泥酔状態となったような場合です。こうなってしまうと、転んだ原因は仕事の範囲を大きく逸脱してしまい、「泥酔していたことから転んだ」と判断できるからです。

 

他にも「積極的な私的行為」に当てはまる例として、仕事が無事に終わった後は野球観戦をしたいからと、出張の用務地から大きく離れた球場がある隣の県に宿をとり、そこでけがをしてしまったような場合などです。この場合も、出張に付随して宿をとったというより、野球観戦という目的のために宿をとったということになってしまいますから、業務から大きく逸脱してしまうことになり、宿に滞在中や野球観戦中はもちろんですが、出張の用務地から球場や宿泊先に向かう途中などについても積極的な私的行為といえるため、労災給付の対象とはならないと思います。

 

管理人画像

出張中ならばお風呂に入っているときも労災が認められるというのは少し不思議な感じもするけど、出張中は事業主が責任を負っているんだから、通常の仕事中にトイレに行くことと同じと考えれば納得がいくね!

-業務災害

Copyright© 労災保険!一問一答 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.