労災保険!一問一答

休業補償給付の申請手続き、特別加入、料率など労災保険の疑問すべて解決!

休業(補償)給付

休業補償の金額はいくらくらいもらえるの?

投稿日:

 

Q 仕事中にけがをしてしまいました。しばらく働けそうもなく給料の保障もありません。労災保険の休業補償っていくらくらいの金額を貰えるものなんでしょうか。あまりに少ないと生活に困るのですが…。

 

A けがをする前にもらっていた給料の約8割が、休業4日目から支給されます。※条件によって変わる場合もあります。

 

仕事中または通勤途上のけがなどで働くことができなくなった場合、労災保険の休業補償の給付の対象となります。

労災保険は基本的に補償制度ですから、その人がけがをして仕事を休んだことによってどの程度損失を受けたかという考え方により金額が決定されますので、もともともらっていた給料の額が計算の基礎になります。月10万円の給料をもらっていた人と、月30万円の給料をもらっていた人では、休業補償も貰える額が違うということですね。

 

実際にもらえる休業補償支給額いくらになるのでしょうか?

 

休業補償の支給額は約8割

具体的に説明しますと、けがをする前の3カ月間にもらっていた給料の総支給額の合計を、その間の暦日数で割ったものを1日分の金額(平均賃金)として、その金額の約8割(保険給付6割+特別支給金2割)が1日分の休業補償として給付される額になります

※「総支給額」とは、手取りの金額ではなく、社会保険や税金などが引かれる前の金額のことをいいます。通勤手当などの非課税分もすべて含みます。

 

【例】月30万円の給料をもらっていた人が、4月1日にけがをし、4月30日まで30日間休業した場合(賃金の締切日は月末とします)

・3ヶ月の給料の合計 30万円 × 3ヶ月 = 90万円

・3ヶ月間の暦日数 1月 31日 + 2月 28日 + 3月 31日 = 90日

・平均賃金 90万円 ÷ 90日 = 1万円

ここで、1日1万円なんだから30日分で「30万円」もらえるんじゃないの?と思ってしまうかもしれませんが、残念ながらそうはなりません。

実際は、

1万円 × 6割  × 27日分 = 162,000円 (← 保険給付の本体部分)

1万円 × 2割  × 27日分 =  54,000円 (← 特別支給金)

162,000円 + 54,000円 = 216,000円

このとおり、最初の3日分は除かれ、さらに約8割の支給になるため、この場合もらえる休業補償の額は、216,000円になります。

 

ですが、最初の3日間は待期期間補償として会社から補償されますし(平均賃金の6割以上)、3日間分が引かれるのは最初だけですので、この後も休業が続く場合は休業した日数分に対し補償されます。

また、良い会社になりますと、労災保険の上乗せ補償として残りの2割分を補償してくれる会社もあるようです。ただ、これは法律で決まっているものではないため、必ずもらえるものではありません。

 

-休業(補償)給付

Copyright© 労災保険!一問一答 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.