介護(補償)給付の概要について

この記事は約4分で読めます。

Q私は労災でせき髄損傷となり、傷病(補償)年金の1級を受給しています。現在は入院中ですが近いうちに退院し、自宅で妻の介護を受けながら生活したいと考えています。このような場合、労災保険には介護(補償)給付というものがあると聞きましたが、その概要について教えて下さい。

A労災保険の介護(補償)給付は、必要な介護の状態(傷病等級や障害等級)により「常時介護」と「随時介護」があり、それぞれもらえる金額が違います。

管理人

下でくわしく説明するよ☆

労災の介護(補償)給付とは

労災の介護給付

介護(補償)給付は、障害(補償)年金または傷病(補償)年金をもらっている人のうち、障害・傷病等級が第1級の人(すべて)と第2級の人のうち「精神神経・胸腹部臓器の障害」で認定を受けている人を対象に、それらの人が実際に介護を受けている場合に支給されるものです。

常時介護随時介護の2つがあり、対象となる人は以下のとおりとなっています。

常時介護

常時介護を要する状態と認められる人です。

  1. 精神神経・胸腹部臓器に障害を残し、常時介護を要する状態に該当すること
    (障害等級第1級3・4号、傷病等級第1級1・2号)
  2. 両眼が失明するとともに、障害または傷病等級第1級・第2級の障害を有する、両上肢および両下肢が亡失または用廃の状態にある、など1と同等の介護を要する状態であること

随時介護

随時介護を要する状態と認められる人です。

  1. 精神神経・胸腹部臓器に障害を残し、随時介護を要する状態に該当すること
    (障害等級第2級2号の2、2号の3、傷病等級第2級1・2号)
  2. 障害等級第1級または傷病等級第1級に該当し、常時介護を要する状態ではないこと

上記の要件を読んだだけでは少しわかりづらいかもしれませんが、傷病・障害の程度が相当重く、食事・入浴・排泄・着衣などの介護が必要な状態と判断されなければ支給の対象とならないということですね。

さらに、実際に介護を受けていることが必要ですので、ご自宅で奥様の介護を受けるのであれば問題はありませんし、ご親族のほか、ご友人・知人であったり、民間の有料介護サービスであっても対象となります。

しかしながら、病院に入院中の場合は支給の対象にはなりませんし、その他、介護老人保健施設、障害者支援施設、特別養護老人ホームなどに入所しているような場合も支給の対象とならないことがあります。これらの施設においては十分な介護サービスが提供されているものと考えられることが理由のようです。

介護(補償)給付の支給金額

労災の介護(補償)給付の平成31年4月1日(改正)現在の支給金額は、以下のとおりになります。

常時介護

  1. 親族または友人・知人の介護を受けていない場合(民間の有料介護サービスなどを受けているような場合)
    介護の費用として支出した額(165,150円を上限)
  2. 親族または友人・知人の介護を受けており、介護の費用を支出していない場合、または介護の費用を支出しておりその額が70,790円を下回る場合
    一律定額として70,790円
  3. 親族または友人・知人の介護を受けており、介護の費用を支出しておりその額が70,790円を上回る場合
    介護の費用として支出した額(165,150円を上限)

随時介護

  1. 親族または友人・知人の介護を受けていない場合(民間の有料介護サービスなどを受けているような場合)
    介護の費用として支出した額(82,580円を上限)
  2. 親族または友人・知人の介護を受けており、介護の費用を支出していない場合、または介護の費用を支出しておりその額が35,400円を下回る場合
    一律定額として35,400円
  3. 親族または友人・知人の介護を受けており、介護の費用を支出しておりその額が35,400円を上回る場合
    介護の費用として支出した額(82,580円を上限)

介護(補償)給付の請求手続き

労災保険に介護給付の請求をする場合は、管轄の労働基準監督署に「介護(補償)給付支給請求書」を提出します。

介護(補償)給付支給請求書
介護(補償)給付支給請求書

介護(補償)給付の請求は、一月単位でおこないます。介護(補償)給付支給請求書1枚で3ヶ月分請求することができるようになっていますので、長期の介護になる場合は3ヶ月ごとに請求書を作成し提出するのがベストかもしれません。

なお、請求書の入手方法については、当サイトの記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました