労災保険!一問一答

休業補償給付の申請手続き、特別加入、料率など労災保険の疑問すべて解決!

葬祭料・葬祭給付

葬祭料はいくらもらえるの?

投稿日:

 

Q 先日、仕事中の事故で亡くなった夫の葬儀を私が喪主としてあげ、その費用として200万円ほどかかりました。この葬祭を上げるためにかかった費用は、労災保険から全額もらえるのでしょうか。

 

A かかった実費が支給されるのではなく、労災保険で決められた計算方法で計算された額が支給されます。

 

お葬式も労災保険から支給される

仕事中の事故や通勤途中の事故などにより、不幸にも亡くなってしまった場合に、ご遺族などが葬儀などを行なったときは労災保険から葬祭料・葬祭給付が支給対象となります。

 

葬祭料・葬祭給付の支給額

労災保険の葬祭料・葬祭給付は、葬儀費用として支出した費用(実費)が支給されるのではなく、次の計算方法により算定された額が給付されることとなっています。

  1. 給付基礎日額 × 30日分 + 315,000円
  2. 給付基礎日額 × 60日分

上記1と2のいずれか高い方が支給されます。

 

例えば、月に30万円の給料をもらっていた人であれば、給付基礎日額は「1万円」ほどになりますので、

  1. 10,000円 × 30日分 + 315,000円 = 615,000円
  2. 10,000円 × 60日分 = 600,000円

となり、いずれか高い方が支給されることになりますので、労災保険の葬祭料としての支給額は、「615,000円」となります。

 

管理人画像

かかった費用から考えたら、あまり十分な額とは言えない場合もあるかもしれないけど、出るだけマシかもしれませんね!

 

葬祭料を給付基礎日額から計算するのっておかしくない?

そもそも、休業(補償)給付や遺族(補償)給付ならわかるのですが、葬祭料は遺族が葬祭を行う費用を保険給付として支給するものだと思いますので、死亡労働者の稼ぎによって金額が変動するのはどうなのかなと疑問に思われる方もおられると思います。実際、私がそうでした。

 

その辺のことについて少し調べてみましたが、原則として葬祭料の額は、上記1による315,000円に給付基礎日額の30日分を加えた額とされているようで、これは葬祭にかかる費用には「最低限必要とされる共通的費用」のほか、「死亡労働者の稼得能力に応じた幅のある費用部分」が含まれているのが通常との考え方があるようですので、定額部分と賃金比例部分とを組み合わせて算出することを原則としているためのようです。

 

葬祭料は誰に支給されるのか

また、葬祭料・葬祭給付は誰に対して支給されるかについてですが、基本的には葬儀を執行した人に対して支給されることになります。ですので一般的には喪主の方ということになるかと思います。

葬儀を執り行うご遺族がいないなどの場合は、会社による「社葬」などが行われる場合もあるかと思いますが、こういった場合は会社に対して支給されるようなケースもあるようです。

-葬祭料・葬祭給付

Copyright© 労災保険!一問一答 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.