社長が労災を使わせてくれない!

業務災害
この記事は約3分で読めます。
質問

私は土木作業員です。先日、現場で私の不注意から資材に足を引っ掛けて転んでしまいけがをしてしまいました。社長に労災を使わせてくださいと言ったところ、「そんなのお前の不注意で勝手に転んだんだから、労災は使わせない。」と事業主証明を拒否されました。どうしたらいいでしょうか?

答え

請求書の事業主証明を拒否され、労災を使わせてくれなかったとしても、労災請求することは可能です。

管理人

下でくわしく説明するよ☆

労災の加入は社長の義務

労災を拒否される、使わせてくれない

仕事中の労働者の事故やけがは事業主の責任ということになっているとはいえ、実際のところは労働者個人の不注意や安全に対する意識が薄いなどの理由が直接の原因になっていると思われるものも少なくないのかもしれません。

しかし、労働者が事業主の指揮命令・指揮管理下で働いている以上、法律上では労働者の仕事中の事故は事業主責任という考え方になっているのです。したがって、事業主は労働者を保護するために労災保険への加入は義務となっています(一部の事業を除きます)。

事業主証明を拒否されても労災請求は可能

さて、ご質問のケースですが、仕事中にけがをした、社長にもきちんとした報告・説明をしたということを前提でお話させていただきます。

たとえ社長から「労災は使わせない!」と拒否されたとしても、労災保険に請求することは可能です。

というのも、労災保険の各請求書をご覧になっていただければわかると思いますが、あくまでも労災の請求人・申請人はけがをした本人であって、社長ではないのです。事業主は基本的には仕事中にこういった事故があったという事実関係を証明するかたちになっています。

ただ、保険料を払って労災保険をかけてくれているのはやはり会社ですから、請求するときはやはり社長の了解をとるのが望ましいと思います。それがどうしても難しいということであれば、社長から「労災を使わせてくれない、事業主証明を拒否する理由を書面でもらう」、もしくは「こう言ったら社長からこう言われたなどの経過を記載した書面を自分で作る」などして労災の請求書に添付することで請求することは可能になっています。(詳しいことは最寄りの労働局・労働基準監督署にお問い合わせください。

ただし事業主証明拒否ということで調査が入ることも…

労災を使わせてくれず事業主証明を拒否されたとしても労災請求することは可能です。しかし、本来、仕事中の事故で間違いないことの証明であるはずの事業主証明がなされないまま労災保険に請求することになりますので、労働局・労働基準監督署で確認調査を行うことになり、決定までに時間がかかったり、場合によっては労災にならないようなことも考えられます

労災保険に請求した=労災になったということではありません。事業主証明がなくても労災に請求することは可能ですが、その結果、労災にならないこともあるということを頭に留めておいてください。

相談サポートを活用してみよう!

自分ですべて手続きして解決できれば一番良いと思いますが、なかなかうまくいかない場合も多いかもしれません。そんなときは、一度、だれかに間に入ってもらった方が良い方向にいくことも多いです。

まずは無料で相談することができる相談さぽーとを活用して悩みを打ち明けてみましょう。

「絶対に無理だと思っていたのにちゃんと支払われた!」「相談してよかった!」などの声も多く寄せられていますので、あきらめずに労災請求して、しっかりもらうものはもらいましょう。

健康保険から労災に切り替える手続きは?

労災を使わせてくれなかった、事業主証明を拒否されたなどの理由で、健康保険などを使ってしまった場合の労災に切り替える手続きは、以下の記事を参考にしてみてください。

管理人
管理人

仕事中にけがをしたんだったら労災保険を使わせてくれないというのはおかしいです。労災保険の手続きはいろいろと手間がかかったりして面倒なこともあるかもしれませんが、頑張って自分から動いて手続きをしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました