休業補償はいつまでの期間もらえるの?上限はあるの?

この記事は約4分で読めます。
質問

仕事でけがをして会社を休んでいます。労災保険から休業補償が支給されることになりましたが、どのくらいの期間いつまでもらえるのでしょうか。また、上限というものはあるのでしょうか。

ココがポイント
  • 休業補償に「いつまでもらえる」という期間の定めはありません。
  • だからといって上限なくもらえるものでもありません。
  • 支給要件から外れるともらえなくなります。

こんにちは!『労災保険!一問一答』のHANAです。

『休業補償に明確な上限はない』『休業補償の支給要件とは?』『具体的にどうなったらもらうことができなくなるのか?』についてお話していきます。

管理人

下でくわしくお話するよ!

休業補償いつまでもらえるという期間の上限はないが…?

休業補償にいつまでもらえるという期間の上限はない

労災保険の休業補償はいつまでもらえるのでしょうか。

結論からいいますと、休業補償の期間に「いつまでもらえる」という明確な『上限』はありません。よく「休業補償の上限は1年半でしょ?」という声を聞くことがあるのですが、おそらくそれは健康保険の傷病手当金のことを言っているのか、もしくは傷病(補償)年金に移行できるか判断される時期が1年半経過したときだからでしょう。

ただ当然ですが、上限がないからといっていつまでも無制限に給付されるというわけではありません

あえて上限ということでいうなら、休業補償の支給要件に該当しなくなるまでということになります。

では、その休業補償の支給要件について、少し具体的にお話していきたいと思います。

休業補償の支給要件

休業補償の支給要件は、大きく3つあります。

  • 療養をしていること
  • 労働することができない状態であること
  • 賃金を受けていないこと

この3つの休業補償の支給要件のうち、1つでも当てはまらなくなれば休業補償は受給できなくなるということになります。

では、この3つの要件「療養をしている」「労働することができない」「賃金を受けていない」について具体的にお話していきます。

療養をしている

休業補償をもらえる1つの要件として、「療養のために(働くことができない)」というものがあります。これは「けがを治すために療養をしなければならないから」「傷病を改善するために療養が必要だから」という理由があるから、だから「働くことができないんだ」ということです。

なので、当然ですが、この「療養」をしていなければ休業補償はもらえなくなります

「療養」をしていないと判断される例として、次のようなことが考えられます。

治療がすべて終わった

「治療が終了して元の状態に戻った」もしくは「完全に元の状態に戻らなくても治療効果がない状態になった(症状固定した)」などの場合です。

この場合、労災保険からの給付じたいが終了になりますので、休業補償も終了になります。後遺症が残ってしまった場合は、障害請求をすることができます。

病院に受診していない期間が長い、受診頻度が少な過ぎる

傷病の状態によって変わりますが、「1ヶ月以上にわたり受診していない」「自宅療養の期間が長過ぎる」などの場合です。

医師の指示などのちゃんとした理由なのか、自分の判断で受診していないのかはわかりませんが、こういう場合も「療養が伴っていない」と判断されてしまう場合があります。

別の傷病の治療の方が主たるものになってしまった

「労災の治療中に別の病気にかかってしまった」または「以前から患っていた持病が悪化した」などの理由で、そちらの治療のために入院しなければならなくなったような場合などが当てはまります。

労働することができない

休業補償の支給要件の1つに「労働することができない」というのがあります。これは、必ずしも元々やっていた仕事ができないということではなく、「一般的に働けない場合をいう」とされています。

これはどういうことなのか?

「今までと同じような激しい作業はまだ無理だとしても、軽い作業ができるような状態まで回復したら、それ以降は休業補償は受け取れないよ、だって働けるんでしょ。」という考え方だということですね。

しかし、このへんは傷病によっても違いがあります、まさにケースバイケースだと考えられます。

休業補償を請求するときは、請求書の医師証明欄に「働ける状態ではないよ。」という主治医の証明を受ける必要がありますので、この辺のことは主治医とよく話し合った方が良いかもしれません。

ただし、働くことができる状態なのかどうか、休業補償が支給されるかどうかを最終的に決めるのは労働局・労働基準監督署ですから、主治医が証明しているような場合であっても支給されないこともあります。

賃金を受けていない

もう一つの条件としまして、「会社から給料が支給されない」がありますが、これは読んで字のごとく、「会社を休んでいる間、賃金をもらえない」などの場合をいいます。

休んでいても会社から給料が支給されている場合や、有給休暇などを取得している場合は休業補償は支給されません

管理人

まとめ

労災の休業補償には、健康保険の傷病手当金のように「1年半」などの明確な上限はありませんが、だからといって仕事を休んでいればいつまでももらえるというものでもありません。

労災保険は他の保険に比べたら補償は手厚いと思います。きちんと療養をして、もらえるものもきちんともらうというのが得策だと思います。

特集みんなに内緒でスキルアップしませんか?

ネコ太郎
ネコ太郎

今は休業補償もらえてるけど…
労災が終わったら、どうなるか不安だニャ…

管理人
管理人

やれるうちにスキルアップ↑しておいたら?
収入アップ↑にもつながるかもよ!

みんなにナイショでスキルアップ!

今のうちにみんなにナイショで資格取得して知識力・技術力を高め、収入アップ!!につなげてみませんか?

※当サイトの特集記事にとびます

コメント

タイトルとURLをコピーしました