労災保険!一問一答

休業補償給付の申請手続き、特別加入、料率など労災保険の疑問すべて解決!

障害(補償)給付

障害(補償)給付はどんなときにもらえるの?

投稿日:

 

Q 仕事中に指を切断するけがをしてから今日まで、頑張って治療やリハビリをしてきました。今日、病院に行ったら、先生から「今日で治療は終わりですよ。」と言われました。その際、労災保険の障害(補償)給付が請求できると言われたのですが、この障害(補償)給付とはどのようなものなのでしょうか?

 

A 傷病が治ったとき(症状固定)に、後遺障害が残った場合に、その程度に応じて給付されるものです。

 

治ったとき(症状固定)とは

労災保険の治療代は、基本的にその傷病が「治った」ときまで給付されます。もちろん、このときに完全にもとどおりの健康状態に回復していることが一番良いのですが、ここでいう「治った」とは、必ずしも完全にもとどおりの健康状態に回復した場合だけをいうのではなく、症状が固定し、それ以上の医療効果が期待できなくなった場合をいうことになっています。これを「症状固定」といいます。

 

ご質問のケースのとおり、指を切断してしまった場合を例に考えてみましょう。

失ってしまった指はいくら頑張って治療を続けたとしても、もとどおり再生されるわけではありませんね。ですので、ある程度、治療を続け、創面がきれいになり、痛みなどの症状が落ち着いた段階で症状固定と判断されてしまうことになります。

 

障害(補償)給付とは

症状固定後、この「指を失った」という後遺障害に対して給付されるのが、障害(補償)給付です。

 

障害(補償)給付とは、障害が残ってしまったことでその後の仕事に不便などの影響が出たり、重い場合はまったく働けなくなってしまうような場合もありますので、その労働能力の喪失部分を補てんする意味合いで労災保険から現金が支給されるものです。

 

障害の重さはけがの程度などによりさまざまで、「ちょっとした痛みが残った」「指先の関節が曲がりにくくなった」などの比較的軽いものから、「足を切断してしまった」「脊髄損傷で寝たきりの状態になってしまった」「両眼が見えなくなった」などの重いものまであり、その障害の重さに応じて第1級から第14級まで障害等級が定められています。(第1級がいちばん重く、第14級がいちばん軽い)

 

障害の程度により年金と一時金がある

支給の方法は、第1級から第7級までが「年金」で支給され、第8級から第14級までが「一時金」で支給されることになっています。「年金」は基本的に亡くなるまで支払われ続け、「一時金」は一度きり支給されおしまいになります。

 

給付される金額は、けがをする前にもらっていた給料から計算される給付基礎日額に各障害等級に応じた給付日数をかけた金額が支給されることになります。

例えば、けがをする前にもらっていた給料が月30万円の人の場合で考えてみますと、給付基礎日額は1万円になりますので、第1級の場合は313万円を年額とした年金が支払われ、第14級の場合は56万円が一時金として1回だけ支払われます。

 

より詳しい障害の内容や給付額などを知りたい場合は、下記のリンクからご覧ください。

労災保険の障害等級表を見る(厚生労働省のサイトへ)

 

また、この他にも障害等級に応じた定額の特別支給金が支給されたり、けがをする前に賞与などが支給されていた方はさらに上乗せされる分もあります。

-障害(補償)給付

Copyright© 労災保険!一問一答 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.