労災保険!一問一答

休業補償給付の申請手続き、特別加入、料率など労災保険の疑問すべて解決!

休業(補償)給付

パートやアルバイトでも労災から休業補償はもらえるの?

投稿日:

Q 僕は学生アルバイトなので、週に1〜2日くらいしか出勤していません。先日、自転車で通勤途中に転んでしまい、足を骨折してしまい、しばらく仕事を休むことになりました。アルバイトやパートでも労災保険から休業補償はもらえるのでしょうか。また、どのくらい支給されるのでしょうか。

 

A パートやアルバイトでも労災保険の対象になりますし、休業補償も休業期間中はすべての日について支給対象となります。計算上、実際の賃金よりも多くもらえる場合もあります。

 

パートやアルバイトでも労災保険の対象になる

労災保険の対象となる「労働者」とは、職種を問わず、事業に使用される者で、正社員、パート、アルバイト、日雇い、派遣など名称や雇用形態にかかわらず、労働の対償として賃金を受けるすべての人が対象となります。

したがって、学生さんであってもパート・アルバイトであっても、上記の「労働者」に当てはまる方はすべて労災保険の対象になります

 

休業補償の支給要件

労災保険の休業(補償)給付は、けがをして働くことができないような場合に、生活費の代わりとして支給されるものです。

休業補償をもらえる要件としましては、次の3つがあります。

  1. 仕事中や通勤途中のけがや疾病などにより療養が必要な状態であり、実際に療養をしていること
  2. 働くことができない状態であること
  3. 会社から賃金が支給されないこと

休業補償についても、上記の要件を満たせば、学生さんであってもパート・アルバイトであっても給付の対象となり、待期期間の3日間を除き、休業4日目から支給されることになります。

 

パート・アルバイトの場合、どのくらい支給されるのか

さて、週に1〜2日の勤務ということで、どのくらい支給されるのかとのことですが、これも正社員の方と同様に、上記の支給要件を満たす限り、休業期間中のすべての日について支給されますので、所定労働日のほか、所定労働日以外の日も祝祭日も関係なく支給対象となります。

 

「でも、平均賃金が安いから、どうせたいした金額もらえないんでしょ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。実は反対で、給付される際には給付基礎日額を元に計算されるのですが、この給付基礎日額には最低保障額というものがあり、場合によっては働いていた頃よりも多い金額をもらえることもあるんです。お得ですね!

ちなみに、最低保障額は毎年見直されますが、平成29年8月1日から平成30年7月31日までの間は「3,920円」です。

 

実際に例をあげて計算してみましょう。

 

  • 「時給1,000円」で「1日3時間」、「月に5日間」働いていた人であれば、月給は15,000円になります。
  • この場合で平均賃金を計算すると、約1,800円になりますが、実際に休業補償が支給されるときには最低保障額が適用されますので、「3,920円」を元に計算されることになります。
  • しかも、月に5日間しか働いていなかったのに、休業補償ももらう時には休んだ期間の日数分について支給されます。

 

1ヶ月分(30日分)の休業補償を計算してみると…

 

3,920円 × 60% × 30日 = 70,560円(保険給付)

3,920円 × 20% × 30日 = 23,520円(特別支給金)

70,560円 + 23,520円 = 94,080円

 

な、なんと、1ヶ月に15,000円しかもらっていなかった人が、休業補償は94,080円もらえることになるんです!

この「全日数給付」と「最低保障額」とのダブルアップで、もらえる金額が急上昇しますね。

 

■ 残業代・賃金未払いはありませんか?

働いたのにまだ賃金が支払われていない、時間がオーバーしたのに残業代が支払われていなかった、などでお悩みの方は、一度、専門家に相談してみましょう。

「支払われっこないと思っていたのにきちんと支払われた!」などの声が多く寄せられていますので、最後まであきらめずに相談してみることが大事です。

相談や案内が無料で、24時間365日電話やメールでの受付可能な下記のようなサイトで相談してみることをおすすめいたします。

残業代・賃金未払いのお悩みは一人で悩まずに専門家に相談しましょう。

 

■ 正社員への転職を考えているなら…

もし、正社員へのステップアップを考えているなら、休業中で時間があるうちに次の職場探しを始めてみるなど、できることは先手先手で準備を進めておきましょう。

ハローワークでも良いのですが、労働基準監督署と同じ労働局の組織であるため、職を探す=働ける状態なんじゃないの!?と思われてしまう可能性があります。

 

おすすめは、良い転職サイトで良いエージェントにいつでも相談にのってもらえる状態にしておくことです。すべて無料で使えるところがほとんどですので、とりあえず登録だけしておくのも良いかもしれません。

転職応援団!おすすめ転職サイト・エージェント

 

管理人画像

パート・アルバイトさんてなんてお得なのっ!?

こんなこともあるんですね。。もちろん、これを悪用するような方はいないと思いますが…。っていうかできないですね。。

-休業(補償)給付

Copyright© 労災保険!一問一答 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.