平均賃金・給付基礎日額の計算あれこれ②

平均賃金・給付基礎日額
この記事は約4分で読めます。
質問

負傷前3ヶ月間に支払われた賃金から平均賃金や給付基礎日額が計算されるというのはわかりましたが、雇い入れからけがをするまでの期間が3ヶ月間ない場合はどのように計算されるのでしょうか。

答え

雇い入れからけがをするまでの期間が3ヶ月間ない場合の平均賃金の算定方法について具体例をあげながらご説明いたします。

管理人

下でくわしく説明するよ☆

平均賃金・給付基礎日額とは

給付基礎日額と平均賃金2

平均賃金とは、けがをした日の直前(賃金の締切日が決められている場合は、その日の直前の締切日)からさかのぼって3ヶ月間にその労働者に対して支払われた賃金の総額を、その期間の暦日数で割った1日あたりの賃金額のことをいいます。

給付基礎日額とは、実際に休業補償などが給付されるときに平均賃金をもとに決められた1日あたりの給付金額のことをいいます。

しかし、雇い入れから短期間の間にけがをしてしまい、平均賃金の算定期間である3ヶ月間が物理的に取れない場合があります。

この場合の平均賃金の算出方法についてご説明いたします。

具体例① 平均賃金の算定期間が3ヶ月ある場合(通常の平均賃金の計算)

まずは、原則どおりの平均賃金の計算からです。

  • 雇入年月日: 4月1日
  • 負傷年月日: 7月21日
  • 賃金締切日: 月末
  • 月給: 30万円

この場合、けがをした日の直前の賃金締切日は「6月30日」になります。

そこからさかのぼる3ヶ月間での計算になりますので、平均賃金の算定期間・計算はこのようになります。

算定期間

  • 4月1日〜4月30日
  • 5月1日〜5月31日
  • 6月1日〜6月30日

平均賃金の計算

90万円÷91日=9,890円10銭

負傷前の3ヶ月間のトータル賃金を、3ヶ月間の暦日数で割って算出します。

具体例② 平均賃金の算定期間が3ヶ月ないけど、1賃金算定期間以上ある場合

上記のように、平均賃金の算定期間として3ヶ月間はとれないけど、1算定期間以上の期間がある場合の計算方法です。「1算定期間」とは、賃金締切日を基準とした「1ヶ月間」のことです。

  • 雇入年月日: 4月1日
  • 負傷年月日: 5月21日
  • 賃金締切日: 月末
  • 月給: 30万円

この場合、けがをした日の直前の賃金締切日は「4月30日」になります。

通常、そこからさかのぼる3ヶ月間での計算になりますが、物理的に3ヶ月ありません。

ですが、「4月30日」からできるだけさかのぼると、「4月1日〜4月30日」と1賃金算定期間ありますので、この場合の平均賃金の計算はその算定期間での計算になります。

算定期間

  • 4月1日〜4月30日のみ

平均賃金の計算

30万円÷30日=10,000円00銭

物理的に平均賃金の算定期間が3ヶ月間とれなくても、1賃金算定期間あるのであれば、直前の賃金締切日からさかのぼれるだけさかのぼった期間での算定になります

たとえば、上記の例で、負傷年月日が「6月20日」だとしますと、算定期間は「4月1日〜4月30日、5月1日〜5月31日」となり、平均賃金の計算は『60万円÷61日=9,836円06銭』になります。

※「1賃金算定期間」とは、賃金の締切日が月末であれば「1日〜月末」、賃金の締切日が20日であれば「21日〜翌月20日」のように、1ヶ月の賃金を算定するための期間をいいます。

具体例③ 平均賃金の算定期間が3ヶ月なく、1賃金算定期間もない場合

平均賃金の算定期間として3ヶ月間もないし、1算定期間もない場合の計算方法です。「1算定期間」とは、賃金締切日を基準とした「1ヶ月間」のことです。

  • 雇入年月日: 4月11日
  • 負傷年月日: 5月21日
  • 賃金締切日: 月末
  • 月給: 30万円

この場合、けがをした日の直前の賃金締切日は「4月30日」になります。

通常、そこからさかのぼる3ヶ月間での計算になりますが、物理的に3ヶ月ありません。

さらに、「4月30日」からできるだけさかのぼったとしても「4月11日〜4月30日」となり、1賃金算定期間もありません。

この場合の平均賃金の算定期間・計算は、さらに負傷日の前日までの期間をプラスして計算することなります。

算定期間

  • 4月11日〜4月30日
  • 5月1日〜5月20日(負傷日の前日)

平均賃金の計算

「4月11日〜4月30日」の賃金額が「20万円」「5月1日〜5月20日」の賃金額が「20万円」として計算します。

40万円÷40日=10,000円00銭

物理的に平均賃金の算定期間が3ヶ月間取れない、かつ、1賃金算定期間もない場合は、雇入年月日から負傷日前日までの期間での算定になります。

※「1賃金算定期間」とは、賃金の締切日が月末であれば「1日〜月末」、賃金の締切日が20日であれば「21日〜翌月20日」のように、1ヶ月の賃金を算定するための期間をいいます。

管理人

平均賃金の算定期間が通常どおりに3ヶ月間とれない場合の計算方法についてご説明してきましたが、ポイントさえ押さえれば実は簡単なことですので、ぜひ覚えてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました