労災保険!一問一答

休業補償給付の申請手続き、特別加入、料率など労災保険の疑問すべて解決!

遺族(補償)給付

遺族(補償)給付はだれがもらえるの?

投稿日:

 

Q 仕事が原因で亡くなってしまったり、通勤途中の事故などにより亡くなってしまった場合、その労働者の遺族に対して遺族(補償)給付が支給されると聞きました。遺族といってもたくさんいると思いますが、だれに対して支払われるのでしょうか。

 

A 年金になる場合と一時金になる場合があり、それぞれ次の受給資格者のうちの最先順位者(受給権者)に対し支払われます。

 

遺族(補償)給付は年金と一時金がある

不幸にも仕事が原因で亡くなってしまったり、通勤途上の災害などにより亡くなってしまった場合、ご遺族に対し労災保険から遺族(補償)給付が支給されます。

 

遺族(補償)給付は、労働者が死亡した当時のご遺族の状況などによって、「年金」になる場合と「一時金」になる場合があります。「年金」は基本的に受給権が失われるまで2ヶ月ごとに支払われ続けるもので、「一時金」とは読んで字のごとく一度だけ支払われて終了になるものです。

 

年金になるのか一時金になるのかは簡単で、下の「年金になる場合」に該当する人がいれば年金になりますし、いなければ一時金になります。

 

年金になる場合

労働者の死亡当時、その労働者の収入によって生計を維持していた人がいて、かつ、その中に次の1から10に該当する人がいれば「年金」になりますまた、受給権者(お金をもらえる人)になる順位も次の①から⑩の順番になり、最先順位の人が年金を受給できます。

  1. 妻または60歳以上か一定障害の夫
  2. 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるか一定障害の子
  3. 60歳以上か一定障害の父母
  4. 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるか一定障害の孫
  5. 60歳以上か一定障害の祖父母
  6. 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるか60歳以上または一定障害の兄弟姉妹
  7. 55歳歳以上60歳未満の夫
  8. 55歳以上60歳未満の父母
  9. 55歳以上60歳未満の祖父母
  10. 55歳以上60歳未満の兄弟姉妹

※ 「その労働者の収入によって生計を維持していた」とは、もっぱらまたは主としてその労働者の収入によって生活をしていた場合だけをいうのではなく、一部だけでも良いことになっていますので、単に同居していた場合仕送りを受けている学生さんなどもこの生計維持関係に含まれることになっています。

※ 「一定の障害」とは、労災保険の障害等級表の第5級以上の障害をいいます。

 

一時金になる場合

労働者の死亡当時、上記の年金を受ける遺族がいない場合には「一時金」になります一時金の受給資格者は次の1から4のとおりで、この順番で受給権者(お金をもらえる人)になります。

  1. 配偶者
  2. 労働者の死亡当時その収入によって生計を維持していた子・父母・孫・祖父母
  3. その他の子・父母・孫・祖父母
  4. 兄弟姉妹

 

※ 2と3の中では子・父母・孫・祖父母の順番になります。

-遺族(補償)給付

Copyright© 労災保険!一問一答 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.