通院時のタクシー代は労災から支給されますか?

Q労災で右手を骨折してしまい、現在タクシーでリハビリのために通院しています。
平日は夫が車を使用していますし、バスで通うにもバス停まで距離があって大変なのでタクシーを使用しています。
この分のタクシー代交通費)は労災保険から給付されますか。

A原則、タクシー代は移送費の支給対象にはなっていません。
ただし、以下に記載のとおり、場合によっては例外としてタクシーによる通院費(移送費)の支給がされる場合もあります。
しかし、右手の骨折ということだけですと、支給されるのは難しいかもしれません。

労災の移送費(交通費)について

タクシー代についてご説明する前に、労災保険の通院するための交通費の支給基準について確認しておきましょう。


労災保険では、通院にかかる交通費(移送費)も支給の対象になっていますが、支給要件がしっかりと定められており、どこの病院に行っても必ず支給されるというわけではありません


極端な例でいいますと、九州にお住いの方が「東京の病院のほうがきちんとした検査をしてもらえそうだから」と飛行機に乗って東京の病院に通ったとします。
もちろんどこの病院に行こうと本人の自由ですから通院するのは構わないと思いますが、交通費に関しては支給されませんので、この場合の交通費は自分持ちになります。

通院の移送費(交通費)の支給基準

住居地または勤務地から、原則、片道2km以上の通院であって、次の1から3のいずれかに該当するもの。

1 同一市町村内の適切な医療機関へ通院したとき

2 同一市町村内に適切な医療機関がないため、隣接する市町村内の医療機関へ通院したとき

3 同一市町村内および隣接する市町村内に適切な医療機関がないため、それらの市町村を超えた最寄りの医療機関へ通院したとき

通院距離が「片道2km以上」というのは、距離が近いので対象にならないということだと思います。

適切な医療機関とは、その傷病の診療に適した医療機関をいうこととされていますので、骨折なら整形外科、精神障害なら精神科・心療内科というようなことですね。


ですので、骨折の場合であれば、自宅と同じ市町村内に整形外科があり、片道2km以上の距離があれば交通費が支給されることになります。

なお、小さい町や村で整形外科がないとか、あったとしても常勤医がいないなどの場合は、隣の市町村にある整形外科までが支給対象となり、そこにもないような場合は、さらにそのとなり町の最寄りの整形外科までの通院であれば交通費が支給されるということになります。

【参考】
労災で通院するための交通費(移送費)は支給されますか?

タクシーを使用した場合の移送費(交通費)は?

さて、通院にタクシーを使った場合の労災支給についてです。

仮にここまでの通院距離などの条件は満たされていたとしても、もう一つ「交通手段」に対しても基準が決まっています。

それは、労災保険の交通費は、バス、地下鉄、電車、マイカーなどの一般的な「公共の交通手段」が対象になっているということです


したがいまして、タクシーで通院した場合のタクシー代は原則、支給の対象にはなっていません


ただし、例外もあり!?

原則、タクシー代は支給されないとご説明したばかりですが、例外もあり実際に支給されているケースもあります。


それは、両足を骨折するなどにより、公共の交通手段では移動できないと医学的に認められるようなケースです。このような場合は、例外としてタクシーによる通院費の支給がされる場合もあるようです。

開運「白蛇財布」

可能性があればぜひ請求してみよう!

医学的にタクシーを使わなければ通院が困難と認めらるようなケースであれば支給されることもあります。

ですので、

  • 足の骨折で歩くことができない
  • 足がしびれて歩行困難
  • ギプス固定で松葉杖が貸し出されている

などのようなケースは、労災に請求すればタクシー代が支給される可能性があります。(判断は労働基準監督署になるため、支給を保証するものではありません。)

ちなみに、上記の質問のようなケースでは、手の骨折とのことですし、特にタクシーを使用しなければならないような医学的な事情は認められないと思いますので、請求しても不支給になる可能性が高いように思います。


タクシー代を労災に請求する場合は、業務災害の場合は「療養補償給付たる療養の費用請求書_業務災害用(様式第7号(1))」、通勤災害の場合は「療養給付たる療養の費用請求書_通勤災害用(様式第16号の5(1))」に病院や事業主の証明をもらったうえで、タクシーの領収証を添付して管轄の労働基準監督署に提出することになります。

【参考】
労災保険の請求書(申請書)様式・書類はどこからもらうの?

管理人
管理人

労災ではタクシー代が原則、支給の対象になっていないというのは残念だけど、傷病の状態によっては支給される場合もあるから、念のため忘れずに領収証はもらっておいた方がいいかもしれないですね!

タイトルとURLをコピーしました