障害(補償)給付

傷病が治った後に労災保険の障害等級表に掲げる障害等級のいずれかに該当する障害(後遺症)が残った場合に支給されるものです。年金と一時金があります。

障害(補償)給付

労災10号様式(後遺障害)の記入例と書き方を徹底解説

労災の10号様式(後遺障害)の記入例や書き方、手続きの流れについて説明しています。
障害(補償)給付

労災年金についていろいろ答えてみます!

労災年金(傷病年金、障害年金、遺族年金)の、金額はいくらなの、振込はいつなの、いくらもらえるの、いつまでもらえるの、年金は非課税なのといった素朴な疑問に対して簡潔にわかりやすくご説明しています。
障害(補償)給付

身体障害者手帳の等級と違うのですが

身体障害者手帳を申請して交付を受けるメリットは何か。労災保険の障害補償給付との等級の違いは何かについて解説しています。
障害(補償)給付

後遺障害の労災認定について

後遺症が残ってしまった場合、労災からはどのような給付があるのでしょうか。治癒・症状固定して後遺障害が残ったときに労災保険からは障害(補償)給付が支給されますが、年金と一時金があり、障害等級と給付基礎日額(平均賃金)により計算されます。保険給付のほか特別支給金なども支給されます。
タイトルとURLをコピーしました