労災年金についていろいろ答えてみます!

  1. 労災年金とは
    1. 傷病年金について
      1. 傷病年金ってなに?
      2. 傷病等級について教えて!
      3. 傷病年金はいつまでもらえるの?
      4. 傷病年金ってどのくらいの金額をもらえるの?
      5. 退職しても傷病年金はもらえるの?
      6. 傷病年金受給中に死んじゃったらどうなるの?
    2. 障害年金について
      1. 障害年金ってなに?
      2. 障害等級について教えて!
      3. 障害年金っていつまでもらえるの?
      4. 障害年金ってどのくらいの金額をもらえるの?
      5. 8級以下になった場合は?
      6. 身体障害者手帳とは違うの?
      7. 症状がひどくなったらどうなるの?
    3. 遺族年金について
      1. 遺族年金ってなに?
      2. 遺族年金ってだれがもらえるの?
      3. 遺族年金っていつまでもらえるの?
      4. 遺族年金ってどのくらいの金額をもらえるの?
    4. 労災年金全般について
      1. 労災年金の支給日はいつなの?
      2. 年金の金額って毎年変わるの?
      3. スライド制ってなに?
      4. 年齢階層の最低限度額・最高限度額ってなに?
      5. 先にまとまったお金ってもらえないの?
      6. 十分にもらえないうちに死んじゃったらどうなるの?
      7. 労災と同じ理由で厚生年金や国民年金からもらってるけど?
      8. 自賠責保険からも支給されたけど?
      9. 生命保険がおりたけど労災年金は減らされるの?
      10. 事業主から損害賠償を受けたけど労災年金は減らされるの?
      11. 労災年金って非課税なの?
      12. 労災年金受給者の手続きって何かあるの?
      13. 年金って止められることはあるの?
      14. 年金が差し押さえられることってあるの?
      15. 労災年金の追加給付があるって聞いたけど?

労災年金とは

労災年金とは


労災年金は、「傷病年金」「障害年金遺族年金」の3つがあります。

今回は、労災年金についてのさまざまな疑問について、できるだけ簡潔にわかりやすくお答えしてみたいと思います。

では、いってみましょう!

傷病年金について

傷病年金ってなに?

労災によるけがや病気が、1年6ヶ月経っても治らず、さらに一定以上の重い状態の場合に、もらえる年金です。

傷病等級について教えて!

「1級」「2級」「3級」と3段階あります(1級がいちばん重い)。働くことがかなり難しいような状態でなければ「3級」にも該当しません。

傷病年金はいつまでもらえるの?

その傷病が治る(症状固定する)までです。症状固定後も一定の後遺症が残った場合は、引き続き障害年金がもらえます。

※症状固定とは〜症状が落ち着き、それ以上の医療効果が期待できなくなること

傷病年金ってどのくらいの金額をもらえるの?

  • 「1級」は年金給付基礎日額の313日分
  • 「2級」は年金給付基礎日額の277日分
  • 「3級」は年金給付基礎日額の245日分

年金給付基礎日額が「1万円」の人の場合、「1級」だと単純計算で「313万円」が年額としてもらえるということになります。(厚生年金との調整などにより減額になる場合もあります。)

また、この他にも最初だけ等級に応じた一時金がもらえたり、給料の他にボーナスをもらっていた人には上乗せされる年金があります。

※年金給付基礎日額が「1万円」の人とは、けがをする前に月に約30万円くらいの給料をもらっていた人です。給料が月15万円の人だと、年金も約半分になります。

退職しても傷病年金はもらえるの?

退職や結婚も傷病年金には影響はありませんので、引き続きもらうことができます。

傷病年金受給中に死んじゃったらどうなるの?

傷病年金はそこでストップされてしまいますが、亡くなった原因がその傷病によるものであれば、ご遺族が遺族年金(または一時金)を受けることができます。


障害年金について

障害年金ってなに?

傷病が治った(症状固定した)後に一定の後遺障害が残った場合に、もらえる年金です。

※症状固定とは〜症状が落ち着き、それ以上の医療効果が期待できなくなること

障害等級について教えて!

「1級」から「14級」まであります(1級がいちばん重い)。このうち、「1級」から「7級」までが年金になり、「8級」から「14級」までが一時金になります。

障害年金っていつまでもらえるの?

障害はずっと残ることが前提なので、基本的には死ぬまでもらえるということになります。

障害年金ってどのくらいの金額をもらえるの?

  • 「1級」は年金給付基礎日額の313日分
  • 「2級」は年金給付基礎日額の277日分
  • 「3級」は年金給付基礎日額の245日分
  • 「4級」は年金給付基礎日額の213日分
  • 「5級」は年金給付基礎日額の184日分
  • 「6級」は年金給付基礎日額の156日分
  • 「7級」は年金給付基礎日額の131日分

年金給付基礎日額が「1万円」の人の場合、単純計算で「1級」だと「313万円」、「7級」だと「131万円」が年額としてもらえるということになります。(厚生年金との調整などにより減額になる場合もあります。)

また、この他にも最初だけ等級に応じた一時金がもらえたり、給料の他にボーナスをもらっていた人には上乗せされる年金があります。

※年金給付基礎日額が「1万円」の人とは、けがをする前に月に約30万円くらいの給料をもらっていた人です。給料が月15万円の人だと、年金も約半分になります。

8級以下になった場合は?

年金ではなく、一時金になります。

  • 「8級」は給付基礎日額の503日分
  • 「9級」は給付基礎日額の391日分
  • 「10級」は給付基礎日額の302日分
  • 「11級」は給付基礎日額の223日分
  • 「12級」は給付基礎日額の156日分
  • 「13級」は給付基礎日額の101日分
  • 「14級」は給付基礎日額の56日分

年金給付基礎日額が「1万円」の人の場合、単純計算で「8級」だと「503万円」、「14級」だと「56万円」が一回だけもらえます。

また、この他にも等級に応じた一時金がもらえたり、給料の他にボーナスをもらっていた人には上乗せされる一時金があります。

※年金給付基礎日額が「1万円」の人とは、けがをする前に月に約30万円くらいの給料をもらっていた人です。給料が月15万円の人だと、年金も約半分になります。

身体障害者手帳とは違うの?

身体障害者手帳とは、都道府県や市町村から交付されるもので、減税や交通費用の割引などが受けられるもので、現金が支給される労災年金とは別のものになります。

労災年金とは制度が異なるため、障害等級もそれぞれで違います。

また、労災年金との調整はされませんので、重複して受けることができます。

症状がひどくなったらどうなるの?

傷病が再発して治療が必要になった場合は、再発の認定を受ければ治療を再開することができます。障害年金はとまることになりますが、治療期間中は休業補償を受けることができます。

また、障害の程度が重くなってしまった場合は、認定を受ければ以前より障害等級が上がることがあります。

遺族年金について

遺族年金ってなに?

不幸にも労災で亡くなってしまった場合に、ご遺族に対して支給される年金です。

遺族年金ってだれがもらえるの?

亡くなった当時に、その人と生計を同一にしていた人で、次のうち順番が一番上の人がもらえます。

  1.  妻 または 60歳以上か一定障害の夫
  2.  18歳未満か一定障害の子供
  3.  60歳以上か一定障害の父母
  4.  18歳未満か一定障害の孫
  5.  60歳以上か一定障害の祖父母
  6.  18歳未満か60歳以上か一定障害の兄弟姉妹
  7.  55歳以上60歳未満の夫
  8.  55歳以上60歳未満の父母
  9.  55歳以上60歳未満の祖父母
  10.  55歳以上60歳未満の兄弟姉妹

生計を同一にしていた人がいない場合や、生計を同一にしていた人がいたとしても上の10項目に当てはまる人がいない場合は、年金ではなく一時金の支給になります。

たとえば、同居していた娘さんが一人いたとしても、娘さんの年齢が35歳で、かつ障害もないようなら、年金にはならず一時金の支給になるということになります。

遺族年金っていつまでもらえるの?

遺族年金の支給要件に該当しなくなるまでです。

たとえば、

  • 年金をもらっていた人が亡くなった
  • (妻の場合)再婚した
  • (子供の場合)18歳になった年度の年度末をむかえた

などになった場合、年金はもらえなくなります。

遺族年金ってどのくらいの金額をもらえるの?

「遺族年金ってだれがもらえるの?」に書いてある10項目に当てはまる人が何人いるのかによって金額が変わります。

  • 「1人」の場合、年金給付基礎日額の153日分(55歳以上か一定障害の妻の場合は175日分)
  • 「2人」の場合、年金給付基礎日額の201日分
  • 「3人」の場合、年金給付基礎日額の223日分
  • 「4人以上」の場合、年金給付基礎日額の245日分

ご遺族に若い奥さん1人しかいなかったような場合、年金給付基礎日額が「1万円」の場合で「153万円」が年額になります。
反対に大家族のような場合で年金資格者が4人以上いる場合、年金給付基礎日額が「1万円」の場合で「245万円」が年額としてもらえるということになります。(厚生年金との調整などにより減額になる場合もあります。)

また、この他にも最初だけ一時金300万円がもらえたり、給料の他にボーナスをもらっていた人には上乗せされる年金があります。

※年金給付基礎日額が「1万円」の人とは、けがをする前に月に約30万円くらいの給料をもらっていた人です。給料が月15万円の人だと、年金も約半分になります。

労災年金全般について

労災年金の支給日はいつなの?

2月15日・4月15日・6月15日・8月15日・10月15日・12月15日の年6回です。

年額を6で割った金額が支給されます。

土日祝日になった場合は、直近の平日に支給されます。

年金の金額って毎年変わるの?

スライド制や、年齢階層の最低限度額・最高限度額などにより、変動することがあります。

スライド制ってなに?

賃金水準って昔に比べてかなり上がってますよね?大昔の賃金が安い時代に障害をおった人が、今なおそのときの水準のまま計算された年金が支払われていたとしたら…納得がいきません。

賃金水準の変動に応じて年金額の改定を行うのが「スライド制」です。

年齢階層の最低限度額・最高限度額ってなに?

普通に会社に勤めている方は、平社員→係長→課長などと、年齢とともにもらえる給料も上がっていくのが一般的です(そうじゃないような場合もあるような気もしますが…)。

そのため、年齢階層(5歳きざみ)ごとに最低限度額・最高限度額が設けられており、該当した場合には年金額の改定が行われます。

ちなみに、40代から50代にかけて一番高額になり、60歳を過ぎると低くなっていくように設定されています。

先にまとまったお金ってもらえないの?

年金の前払一時金というものがあり、希望すれば今後2ヶ月に一度もらえる予定の年金を、一定額、先にまとめてもらえる制度です。(傷病年金にはありません)

ただし、毎月分の年金の金額が前払いされた金額に達するまで(年利5分の利率による割引計算が行われたうえで)、年金がストップされます。

要は、前払一時金を希望すると、現金を早く手にすることができますが、全体でもらえる金額は年利分だけ少なくなるということになります。

十分にもらえないうちに死んじゃったらどうなるの?

年金には最低限これだけはもらえるという金額があります。(傷病年金にはありません)

その額に達しないうちに亡くなった場合は、差額がご遺族に対して支払われます。

労災と同じ理由で厚生年金や国民年金からもらってるけど?

労災と同じ理由で、厚生年金や国民年金から年金が支給されている場合は、労災年金が調整される(1〜3割程度減額される)ことになっています。

自賠責保険からも支給されたけど?

仕事中の交通事故などにより障害をおったり、亡くなったような場合は、労災保険のほかに自賠責保険も対象になる場合があります。

二重には給付されないことになっているため、自賠責保険から同じ理由で支給された場合は、その分、労災保険から減額されることになります(限度額あり)。

生命保険がおりたけど労災年金は減らされるの?

生命保険とは調整されません。

事業主から損害賠償を受けたけど労災年金は減らされるの?

民事上の損害賠償などで、事業主から損害賠償を受けた場合は、その内容や金額などによって、労災保険が減らされる場合があります。

労災年金って非課税なの?

労災保険の保険給付は非課税所得となっていますので、所得税は課せられません。

労災年金受給者の手続きって何かあるの?

年に一度、定期報告という手続きがあります。毎年、案内が送られてきます。

また、住所が変わった、結婚して氏名が変わった、年金の振込口座を変更したいなどの場合も、手続きが必要になります。

年金って止められることはあるの?

正当の理由がなく、上記の定期報告の手続きをしなかった場合は、年金を差し止めされることがあります。

年金が差し押さえられることってあるの?

労災保険法で受給権の保護に関する規定が定められているため、差し押さえはできないと思います。

労災年金の追加給付があるって聞いたけど?

こちらのページをご覧ください。

毎月勤労統計誤りで影響が出る対象者について

コメント

タイトルとURLをコピーしました