労災保険!一問一答

休業補償給付の申請手続き、特別加入、料率など労災保険の疑問すべて解決!

労災保険の加入・保険料

労災保険の特別加入とはどのような制度なのでしょうか。

投稿日:

 

Q 事業主や一人親方などでも労災保険に加入できる「特別加入制度」というものがあると聞いたのですが、どのような制度なのでしょうか。

 

A 事業主などでも、労働者同様に働いている方も多数いることから、特別に加入できるようにしようと創設された制度、それが「特別加入制度」です。

 

労災保険の特別加入制度とは

労災保険は、なんらかの事業に雇用されている「労働者」の労働災害に対する保護を目的とした制度ですので、この「労働者」には該当しないような人、例えば事業主や自営業者等の方は対象にはなっておりません。

しかし、これらの方々の中にも業務の実態や災害の発生状況などからみて雇われている労働者の方と同様に業務に従事している方もたくさんおり、労働者に準じて労災保険の保護の対象にすべきと考えられるような場合も多々あります。

 

そこで、そういった方々に対しても労災保険制度本来の主旨や建前を損なわない範囲で、一定の範囲を定めたうえで、労災保険による保護が図られた制度が「特別加入制度」です。

 

特別加入制度は、大きくわけて次の4つがあります。

 

中小事業主等の特別加入

一定の人数以下の労働者を常態として使用する事業主や役員、家族従事者が対象です。

中小事業主等の特別加入をするためには、労働保険事務組合に労働保険事務の処理を委託しなければならないとされています。

詳しくは下記をご覧ください。

事業主は労災保険に加入できるの?(中小事業主等の特別加入)

 

一人親方等の特別加入

労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする一人親方、その他の自営業者などで、次に掲げる事業を行う方が対象です。

  • 自動車を使用して行う旅客または貨物の運送の事業
  • 建設の事業
  • 漁船による水産動植物の採捕の事業
  • 林業の事業
  • 医薬品の配置販売の事業
  • 再生資源取扱いの事業

一人親方等の特別加入をするには、特別加入しようとする者が構成員となる団体(特別加入団体)に加盟することが必要です。

詳しくは下記をご覧ください。

建設の一人親方は労災保険に加入できるの?(一人親方等の特別加入)

 

特定作業従事者の特別加入

特に危険有害な作業に従事する自営業者などを対象にしています。

  • 特定農作業従事者
  • 指定農業機械作業従事者
  • 職場適応訓練従事者
  • 事業主団体等委託訓練従事者
  • 家内労働者及びその補助者労働組合等の常勤役員
  • 介護作業従事者

特定作業従事者の特別加入をするには、特別加入しようとする者が構成員となる団体(特別加入団体)に加盟することが必要です。

詳しくは下記をご覧ください。

家族で農家をしているが労災加入できるの?(特定作業従事者の特別加入)

 

海外派遣者の特別加入

日本から海外の事業に派遣される方について、労災保険の建前および保険技術上可能な範囲で労災保険の加入を認め保護を図る制度です。

詳しくは下記をご覧ください。

海外に転勤することになったけど労災の適用はあるの?(海外派遣者の特別加入)

 

労働者に対する労災保険はいわゆる「強制保険」ですが、特別加入はいわゆる「任意保険」ですので、当然加入していなければ補償されません。保険の効力は、申請をして承認を受けた日以降からになりますので、加入の時期を考えて申請するようにしましょう。

-労災保険の加入・保険料

Copyright© 労災保険!一問一答 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.