労働保険の年度更新手続き(確定申告)について

労災保険の加入・保険料
この記事は約5分で読めます。
質問

労働保険(労災保険と雇用保険)の年度更新手続き(確定申告)が毎年必要と聞いたのですが、これについて教えてください。

答え

労働保険(労災保険・雇用保険)の年度更新は、労働保険を更新するために毎年必ず必要な手続きです。
前年度分の確定申告による保険料の精算と、今年度分の概算申告と保険料の納付をおこないます。

管理人

下でくわしく説明するよ☆

労働保険の年度更新

労働保険の年度更新手続き

毎年、事業主が「6月1日〜7月10日」までの間におこなわなければならない「労働保険の年度更新」の手続きについて説明していきます。

労働保険の年度更新とは?

労働保険(労災保険と雇用保険)の年度更新とは、前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・納付(労働保険の保険料の徴収等に関する法律19条)と、新年度の概算保険料を納付するための申告・納付(労働保険の保険料の徴収等に関する法律15条)の手続きのことをいいます。

年度更新の手続きの具体的な流れはこのようになります。

労働保険の年度更新
  1. これから払う予定の賃金額をもとに仮計算した概算保険料を支払う(※これは前年度に済んでいます)
  2. 新年度になり、前年度の支払い賃金が確定する
  3. その賃金をもとに正しい保険料を計算し直す(確定保険料といいます)
  4. すでに納付済みの概算保険料と精算する
  5. これから新年度に支払う予定の賃金額をもとに仮計算した保険料を支払う(概算保険料)

労働者を雇用し続けている限り、会社は毎年このループを繰り返すことになります。この2〜5の手続きを「年度更新」といいます。

年度更新の手続きはだれがやるの?

労働保険の年度更新の手続きは「事業主」がおこなわなければならないことになっています。

労働保険料はだれが支払うの?

労働保険料(労災保険料・雇用保険料)は、「事業主」が支払わなければならないことになっています。

労災保険料は「全額事業主負担」、雇用保険は「一部個人負担」となっています。雇用保険の個人負担分は毎月の給料から天引きするかたちになります。

まずは無料でお問い合わせ!

年度更新の書類はどこでもらうの?

労働保険の年度更新の書類は、手続きの時期が近くなったら(5月末くらい)に登録の住所あてに送られてきます。

労働保険年度更新申告書
労働保険年度更新申告書


書き損じたりした場合は、管轄の労働局・労働基準監督署に連絡すれば再発行をしてもらえます。

年度更新の手続きはいつまでにしなければならない?

毎年、6月1日から7月10日までの間に、「確定・概算申告」と「保険料の納付」をしなければなりません。

年度更新の手続きはどこでできるの?

労働保険の年度更新手続きは、次の2つの手続きが必要です。

  • 労働保険概算・確定保険料申告書の提出
  • 労働保険料の納付

どちらも、管轄の都道府県労働局・労働基準監督署・銀行などの金融機関・郵便局で手続きすることが可能です。

※ただし、納付する金額がないなどの場合や書類によっては、金融機関や郵便局では受け付けてもらえませんので、その場合は労働局・労働基準監督署に提出します。

申告書の書き方や記入例はある?

年度更新の申告書の書き方や記入例は、送られる申告書に同封されるパンフレットにくわしく記載されています。

また、厚生労働省のホームページにも年度更新申告書の書き方や記入例が載ったパンフレットが掲載されています。

保険料が払えないんだけど?

概算保険料の金額によって、年3回に分けて納付することができます。

それ以外の分割納付などの相談は、管轄の都道府県労働局・労働基準監督署にお問い合わせください。

年度更新の手続きを忘れるとどうなるの?

期日までに申告書の提出がなされないと、政府により保険料などの額を決定され、さらに10%の追徴金を課される場合がありますので、忘れずに期限内に手続きを行うようにしましょう。

フジ子さんなら低コストで必要なときに必要なだけ仕事を頼めます!

ここまで読んだけど…確定だの概算だのなんかちょっとわかりづらいんだけど…

管理人
管理人

そのとおり、労働保険の年度更新の手続きはわかりづらいところも多いです。
なので少し補足説明しますね。

まず、労働保険は国でやっている制度ですから、

国の年度単位(4月1日から3月31日)で保険料を計算し納付することになります。

保険料の計算は、その年度に労働者に対して支払った賃金から算出します。(継続事業の場合)

…であれば単純に、

概算とか確定とかめんどくさいことしないで、年度が終わったらその年度分の保険料を計算して支払えばいいじゃん!?

って思いますよね?

なぜ概算保険料だの確定保険料だの面倒なことをしなければならないのでしょうか。

それはおそらく、「それだと後払いになってしまうから」だと思います。

労働保険はその名のとおり「保険」です。保険というのは基本的に後払いというのはあり得ませんよね。何か事故が起きた後に、保険料払うから補償してくれ〜!と言っても普通は無理な話です。

なので、労働保険の計算は確定だの概算だの充当だのと面倒な感じになっています。

参考記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました