労災保険!一問一答

休業補償給付の申請手続き、特別加入、料率など労災保険の疑問すべて解決!

通勤災害

出勤時、自宅の車庫内で転んでしまったのですが、通勤災害になりますか?

投稿日:

 

Q 朝、会社に出勤するとき、車に乗り込むために自宅(一軒家)敷地内にある車庫内に入り、車のドアを開けて乗り込もうとしたときに滑って転んでしまいけがをしてしまいました。これは通勤災害に該当するのでしょうか。

 

A まだ通勤前と判断され、通勤災害には該当しないものと思われます。

 

通勤の始点と終点の境目の問題

通勤災害における「通勤」とは、住居と就業の場所との間を合理的な経路および方法により往復することをいいますが、今回のケースはこの「住居」「就業の場所」それぞれの始点・終点の境目がどこにあるのかということが問題になるものと思われます。

 

通勤の始点・終点と通勤経路との境界については、「一般公衆が自由に通行できるかどうか」が大きな判断の要素となっています。住居が一軒家の場合はその敷地と公道の境界が通勤の始点と考えられ、自宅の敷地を出た直後から通勤がスタートすることになると考えられるため、今回のケースでは通勤前の負傷と考えられることから、業務外と判断される可能性が高いと思われます。

 

では、住居がマンションやアパートの場合はどうでしょうか。マンションやアパートの共用部分の通路は、住人はもちろんですが一般の方も通ることは可能です。したがって、自室のドアが通勤の始点と考えられ、共用通路に出た時点から通勤災害の対象となります。

オートロック式のマンションでも外部の人が入る際にはオートロックの解除が必要になることから、オートロック式ではないマンションに比べて制約はありますが、共用の通路に入ってしまえば自由に通行できるわけですから、同様に考えることができます。

 

「就業の場所」についても同様の考え方で、会社の敷地内に入った時点で通勤は終了という考え方になりますので、例えば出勤の際に会社の敷地内に入った後に転倒して負傷してしまったケースでは、通勤が終了し事業主の管理下に入ったと考えられ、通勤災害ではなく業務災害に該当する可能性があると考えられます。

-通勤災害

Copyright© 労災保険!一問一答 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.