休業(補償)給付

傷病にかかる療養のために労働することができないために賃金を受けられない日が4日以上に及ぶ場合に、給料の代わりに支給されるものです。

休業(補償)給付

休業補償の金額の自動計算ツール【簡易版】

休業補償の金額はいくらくらいもらえるのか知りたくありませんか?本記事では簡易的ではありますが労災保険の休業補償の金額をかんたんに計算することができるツールを作成しましたので参考にしてみてください。
休業(補償)給付

労災8号様式(休業補償)の記入例と書き方を徹底解説

労災の8号様式(休業補償)の記入例や書き方、手続きの流れについて説明しています。
休業(補償)給付

休業補償の最低保障額は?

休業補償の最低保障額はいくらなのでしょうか?労災保険の休業補償などで使用される給付基礎日額には給付対象期間に応じ最低保障額が決められています。その他に実労働日数に応じて金額が引き上げられる最低保障平均賃金についても説明しています。
休業(補償)給付

パートやアルバイトでも労災から休業補償はもらえるの?

パートやアルバイト、臨時労働者、非常勤、学生、派遣、日雇い労働者であっても労災保険の対象となるのか。休業補償給付は支給されるのか。金額はどれくらいか、平均賃金、給付基礎日額の最低保障額とは。
休業(補償)給付

労災の休業補償の支給日(振込日)はいつなの?

労災のお金はいつ振り込まれる、休業補償給付の振込日・支給日はいつ、手続きからどのくらいで振込されるのか、どこから支給されるのか、振り込まれない場合はどういう理由なのかについて解説。
休業(補償)給付

休業補償って退職した後ももらえるの?

労災の休業補償(給料保障)は退職後でも受給できるのか、転職や復職したら、雇用保険と二重に支給されるのか、また休業受給中に解雇されることはあるのかなどについて解説。
休業(補償)給付

休業補償はいつまでの期間もらえるの?上限はあるの?

労災はいつまでもらえるのといった疑問について、休業補償はいつまでの期間、支給されるのか、上限はあるのか、有給休暇を取得していた場合はなど、労災保険の休業補償の支給要件についてご説明していきます。
休業(補償)給付

休業補償の待期期間3日間について

休業補償は最初の3日間(待期期間)は支給されませんが、会社から平均賃金の6割以上を待期期間補償として受け取ることが可能です。
休業(補償)給付

傷病手当金と休業補償はどう違うの?

傷病手当金と労災の休業補償、どっちに請求していいか迷いませんか?どちらも休業期間の給料が保障される制度ですが、労災保険の休業補償と健康保険の傷病手当金では違いがあります。両者の違いや共通点、二重に受給できるのかなどについて説明します。
休業(補償)給付

休業補償の金額はいくらくらいもらえるの?

労災の休業補償(給料の保障)はどのくらいの金額が給付されるものなのか、最初の3日間(待期期間)はどうなるのか、上乗せ補償って、給付基礎日額(平均賃金)など具体的な計算方法を例に解説しています。
タイトルとURLをコピーしました